空き家対策

 

 

最近よくテレビなどでよく目にする空き家問題、いったいどういう問題があって

どういうことが行われていくのか?これから少しずつひも解いて行きましょう!

 

  

   Q.まず、空き家対策特別措置法の目的とは?

 

     → 平成25年の調査内容によりますと、なんと空き家数は820万戸!

       5年前の平成20年から比べますと63万戸増加しております。

       そんな空き家が増加する一方で、日本人の人口は減少しております。

       しかも、相続などにより1人あたりの不動産所有率も上がりつつあります。

       そのような状態で、住む家は2つも3つもあるのに住む人間は1人だけ!

       となると、どののような現象がおきてくるでしょうか?

 

       ほったらしにしているお家は、荒れ果て不衛生になり、景観等からみても

       その地域に住んでいる住民の方々に深刻な影響をおよぼしかねません。

 

       そこで!その地域の市町村で、空家等に関する施策を推進するために必要

       な事項を定めることにより(空き家対策特別措置法の事)空き家等に

       関する施策を総合的かつ計画的に推進することによって(空家を減らせる

       ように皆でがんばる)公共の福祉の増進と地域の振興に寄与すること

       (空家を所有している方と、その他市町村であったりその地域に住んでいる

        人たちが、お互い歩み寄って、活力と魅力のある地域づくりを行ってきま

        しょう!目的とされているのです。

 

 

 

   Q.では、どのようなお家が特定空き家等に該当するのでしょうか?

     

     → ①倒壊等が著しく保安上危険となるおそれのある状態 

       

       ②著しく衛生上有害となるおそれのある状態 

 

       ③適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

 

       ④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

 

     以上に該当する空き家が「空き家対策特別措置法」の対象となります。

 

      市町村の指示・勧告・命令に違反した場合は罰金等の過料に処されます

 

 

  では、個人的にどのような対策をとっていけばよいのでしょうか?

 

  

   空き家対策特別措置法の詳しい内容や対策方法を丁寧にご説明いたします

   

    ↓↓↓↓悩む前にお気軽にお電話・ご相談くださいませ↓↓↓↓